着物を仕立てるときに必要な20の寸法

着物を仕立てるとき、
いくつの寸法が必要なのかご存知でしょうか。

洋裁に比べると、
必要寸法はとても少ないですが、
それでも、20個の寸法が必要になります。

では、
実際に必要となる寸法にはどんな種類があるのか、
細かく解説していきます。

20個の寸法を下に書き出しました。
(用語の説明は割愛させていただきます。)

  1. 身丈
  2. 袖巾
  3. 肩巾
  4. 袖丈
  5. 袖口
  6. 袖付け
  7. 身八ツ口
  8. 袖丸
  9. 前巾
  10. 後巾
  11. 抱巾
  12. 衽巾
  13. 合褄巾
  14. 褄下
  15. 繰越
  16. 衽下がり
  17. 衿付込み
  18. 剣先縫い込み
  19. 肩明き

全ての寸法を決めなければ、 仕立てを進められないのですが、

例えば、仕立てをお願いするとき、
身丈、裄、前巾、後巾、繰越の5つを指定したとします。

すると、その他の15個の寸法は 、
「呉服屋さんの形式に準ずる」もしくは「仕立て屋さんにお任せする」
のどちらかになります。

「呉服屋の形式に準ずる」場合、
地域差など、いろいろな違いがありとても面白いのですが、
こちらのお話は、またの機会にさせてください。

では、
「仕立て屋さんにお任せする」場合、
私が、どのような寸法を使っているのかをお伝えしていきます。

■前提条件
※寸法は、女物の着物寸法です。
※全て指定が無い場合の寸法です。
※体型により、寸法は変動します。
※長襦袢との兼ね合いは無視します。

  1. 身丈:身長
  2. 裄:採寸による
  3. 袖巾
  4. 肩巾
  5. 袖丈:1尺3寸
  6. 袖口:6寸
  7. 袖付け:6寸
  8. 身八ツ口:4寸
  9. 袖丸:5分
  10. 前巾
  11. 後巾
  12. 抱巾:前巾と同寸
  13. 衽巾:4寸
  14. 合褄巾:3寸7分
  15. 褄下:身丈の半分
  16. 繰越:7分
  17. 衽下がり:肩山から6寸
  18. 衿付込み:3分
  19. 剣先縫い込み:2寸
  20. 肩明き:2寸3分

ここでは、4つの寸法に注目していと思います。

  • 抱巾
  • 合褄巾
  • 衿付込み
  • 肩明き

この4つの寸法は、

  • 地域性
  • 呉服屋さんの方針
  • 仕立て屋さんがどこで修業してきたのか

によって変わります。

どのような違いがあるのか、 詳しく見ていきましょう。

《抱巾》
  〇抱き巾をつける場合
  基本は、【前巾-3分】です。
  注意したいことは、 ここでいう「前巾」は、裾の巾ではなく、
  褄下あたりの巾であることです。
  裾での巾と褄下あたりでの巾が、同寸ではない場合もあります
  
  〇抱巾を付けない場合
  「抱巾通し(とおし)」と言い、裾から剣先まで同じ巾で仕立てます。

《合褄巾》
  〇合褄巾を付ける場合
  基本は、【衽巾-3分】です。

  〇合褄巾をつけない場合
  「合褄巾通し(とおし)」と言い、衽巾は、裾から褄下丈まで同寸になります。

《衿付込み》
  大きく別けて、3分の場合5分の場合があります。
  肩明きの切り方によって変わる場合が多いので、 次の肩明きの項目で説明します。

《肩明き》
  「どのように肩明きを切るのか?」です。
  〇直線
  〇カーブ
  直線で切る場合は、衿付込みを5分にする場合が多く、
  カーブで切る場合は、衿付込みを3分にする場合が多いです。
  また、カーブで切る場合、どのくらいの丸みで切るのかも、
  呉服屋さんによって、仕立て屋さんによって、変わってきます。
  直線で切る場合と、カーブで切る場合の違いについて、
  いろいろな検証ができるので、 別のニュースレターでお伝えします。

ざっと寸法について見てきましたが、
初めて知る方にとっては、かなりのボリュームだったかもしれません。

寸法の用語で、初めて聞く言葉もあったかもしれません。
今回お伝えした、注目したい4つの寸法は、
当たり前のことかもしれませんが、
地域によって、呉服屋さんによって、仕立て屋さんによって、
少しずつ微妙に違います。

この微妙な違いが、着姿や着心地に影響してくる
と考えています。

どのような体型の方に、どのような寸法をご提供するのか、
まずは、自分の身体で試し、「着姿と寸法」について
突き詰めていきたいと思います。

お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

ご感想・ご質問はこちらからどうぞ