着心地の良い着物とは何か?
理想の着物寸法とは何か?

私の定義は
着物に逆らわず身体に纏わせたとき、好みの着姿が出来上がっていること。

どんな着姿が好きで、どんな着方をするのか
そして、どんな体型の方が着物を着るのかで

着物の寸法は無限大で、仕立て方も無限大。

でも、「合褄巾」と「抱き巾」というのは
平面の着物を、立体の身体に、上手く纏わせるための、とても良い工夫だと思う。

だから今回は、その両方を付けて仕立てました。

仕立て寸法

  • 身丈 4尺2寸5分
  • 裄 1尺8寸
  • 袖巾 9寸5分
  • 袖丈 1尺4寸
  • 袖付け 6寸
  • 見八ツ口 4寸
  • 前巾 7寸
  • 後巾 7寸5分
  • 抱巾 6寸5分
  • 衽巾 4寸
  • 合褄巾 3寸7分
  • 褄下丈 2尺1寸5分
  • 衽下り (肩)5寸5分
  • 肩明き 2寸3分
  • 繰越 3分
  • 衿付け 5分

今回のポイントは、抱巾の取り方。裾から抱きに向かって一気に狭くしました。
(褄下丈まで前巾を取り、そこから抱きに向かって狭くする方法とは区別するために記載)

手織り本場大島紬一元9マルキ「慶福花華」
手織り本場大島紬一元9マルキ「慶福花華」

なぜ抱巾を、裾から抱きに向かって一気に狭くしたのか?

抱巾を付けようと思ったきっかけは、どうやって着ても裾が広がってしまう着物があったから。

どんなに深く巻き込んで着ても、褄を持ち上げても、
どうしても左脇の裾が広がってしまい、足の方へくっついてくれない。
(下の写真)

仕立てが悪いのか?
着方が悪いのか?

原因は両方にあるのかもしれないが
着方が完璧でなくても、仕立てで手助けするとするならば
どうすれば良いのか?

ここを探るために、
裾から抱きに向かって一気に狭くする方法で仕立てをしました。

裾が広がる着物の写真
左脇の裾が広がっている。

抱巾を付ける時の仕立て方について

抱巾を付ける仕立て方は、2つ。
①前巾の寸法を、裾から褄下丈の位置まで同寸で取り、その後、抱巾と結ぶ方法。
②裾での前巾の寸法と、抱巾を一気に結ぶ方法。

①の方法ついて
メリットは、
・ヒップの位置(褄下丈の位置)で、計算通りの前巾の寸法が出ていること。
・褄が上がりすぎない(簡単に言うと)

デメリットは、
・抱巾の寸法が制限される。
・生地によって左脇の裾が広がる

②の方法について
メリットは、
・身体に沿って纏いやすい
・褄を上げようとしなくても、纏うだけで褄上がりの姿になる。
・裾すぼまりの姿が作りやす。
・抱巾の寸法に制限がない。

デメリットは、
・褄が上がる
・後ろから見た時、褄先がたくさん見える

抱巾と前巾の差について

抱巾と前巾の差は、基本3分以内。

なぜなら、上記①の方法で仕立てた時、前巾から抱巾に向かって、
急な角度で仕立てないといけなくなるから。

角度が急になっても、ある程度融通の利く生地もあるが
角度が変わるところには、必ず布の膨らみ・ゆがみが生じる。

この布のゆがみは、あまりよろしくない
と考えています。

今回は、5分の差を付けました。

ヒップの位置で、しっかりと覆う寸法が出ているのか?

今回、裾での前巾を7寸、そこから抱きの位置に向かって一気に狭くしました。

通常ヒップの位置は、裾から1尺8寸程度の位置とされています。
その位置で、ヒップを覆う寸法が出ていないと
着た時に十分な位置まで前身頃が来ない、とか、背中心が右側に来ている、とか
着心地の悪いことになります。

今回は、ヒップの位置で6寸8の前巾になる様に
裾での前巾を7寸・抱巾6寸5分としました。

この寸法の着物に期待すること

  • 抱巾と合褄巾の両方を付けたことで、身体に纏いやすいということを立証したい。
  • 褄がどの程度上がり、どの程度目立つのか、画像に残したい。
  • 左脇の裾が、しかっりと足の方へくっついくれるのを確認したい。
  • 衿先を引っ張ると、左脇の裾が動くのか、確認したい。
  • 全体的な着心地を確認したい。

仕立てているときの写真

着物寸法について学びたい方はこちら
\プロから選ばれる講座/
着物寸法の基礎を学び、着姿から理想寸法を見つける!
着物の寸法講座@オンライン
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。