色のエネルギーを纏う。深紅の 羽織 を仕立てました。

少し派手なぐらいがちょうどいい。かもしれない。迷いつつも深紅の 羽織 を仕立てました。この記事を書いている今でも私に着用の迷いがあることを皆さんも感じていると思いますが、まずは寸法と仕立てについてまとめたいと思います。1年間羽織の寸法と着姿に向き合ってきたおかげて、7枚目にして自分の好みがコレだと分かってきました。

羽織

仕立て寸法

  • 身丈 (肩)2尺5寸
  • 裄 1尺8寸5分
  • 袖巾 9寸5分
  • 肩巾 9寸
  • 袖丈 1尺3寸5分
  • 袖付け 6寸3分
  • 見八ツ口 2寸5分
  • 前巾 成り行き
  • 後巾 6寸8分
  • 肩明き 2寸5分
  • 繰越 1寸
  • 乳付け (肩)9寸5分
  • 前下がり 5分
羽織

仕立てのポイント

  • 身丈 (肩)2尺5寸
  • 前巾 成り行き
  • 繰越 1寸
  • 後巾 6寸8分

解説

羽織の身丈は一番最初に悩む寸法だど思うが、ようやく自分の好みが確定した。私は、膝上の身丈が好きだ、と言うことで身丈(肩)2尺5寸にした。

羽織の前巾は、成り行きで仕立てた方がやはり美しいと思い、前回の 濃紺に桜柄の羽織 と同様にした。裾での前巾が4寸以下になるが問題なく着用できることも前回分かったため、もう少しこの考えを続けていきたいと思っている。

繰越寸法は、基本の1寸に戻すことにした。羽織は繰越寸法の割り出しがとても重要。この羽織を着用するときはあまり衣紋を抜かずに着用したいという希望から1寸を選択。

後巾は、ヒップサイズから割り出した寸法を採用。身体に纏った着物から2cm程度外に羽織の裾があることを理想に割り出した。羽織の後巾は、身丈の寸法がいくつかにより変えているが膝上よりも長い物についてはこの計算式で通用するのでは、と想像している。

この 羽織 に期待すること

  1. 衣紋をあまり抜かない着方様としての見本にしたい。
  2. 羽織の前巾は狭くても問題がないことを証明したい。

仕立て工程

羽織の仕立て工程はInstagramに投稿しています。>>> @wakamatsu_miki
「#羽織_深紅」にまとめています。

関連記事

\プロの方から選ばれています!/
着物寸法について学びたい方はこちら

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。