繰越の大きな夏羽織。 絽の羽織 を仕立てました。

2022年のテーマは「羽織」
各季節に着たい羽織を順番に仕立てています。

今回は、盛夏に絽の色無地と合わせて着たい羽織ということで
絽の羽織 を仕立てました。

羽織
絽の羽織

仕立て寸法

  • 身丈 (肩)2尺5寸
  • 裄 1尺8寸3分
  • 袖巾 9寸5分
  • 肩巾 8寸8分
  • 袖丈 1尺3寸5分
  • 袖付け 6寸3分
  • 見八ツ口 2寸5分
  • 前巾 4寸5分
  • 後巾 6寸1分
  • 肩明き 2寸5分
  • 衿の付込み 2分
  • 繰越 1寸2分
  • 前下がり 1寸
  • 乳付け 9寸5分
絽の羽織

仕立てのポイント

・繰越 1寸2分
・衿つけ込み 2分
・後巾 6寸1分

解説

・繰越1寸2分について
羽織の繰越寸法は、「着物の繰越寸法+2分」というのが標準。
今回は、着物の着姿から繰越を割り出した。具体的には、衣紋を抜いた時の背中心から首の付け根までの距離を繰越とした。

・衿のつけ込み2分について
羽織のつけ込みは通常2分。これまで通常の付け込みでは無い寸法で仕立ててきた。今回は標準に戻した寸法にした。着物は衿のつけ込みを変えることにより、衿の形が変化したが、羽織もそのような変化があるのが確認したい。

・後巾 6寸1分について
羽織の裾で後巾をいくつにするのか、というのはとても重要な点である。今回は、ヒップ寸法の4分の1を後巾とした。

この羽織に期待すること

  1. 羽織の繰越は、大きすぎるとどんな不具合が起こるのか、目に見える形にしたい。
  2. 羽織の後巾=ヒップ寸法÷4 と言う方程式が成り立つのか検証したい。
  3. 衿の付け込みによる違いを確認したい。

仕立て工程

羽織の仕立て工程はInstagramに投稿しています。>>> @wakamatsu_miki
「#絽の羽織_雪輪」にまとめています。

関連記事

\プロの方から選ばれています!/
着物寸法について学びたい方はこちら
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。