繰越の小さい着物に、繰越の大きな羽織を着ると何が起こるのか。– 羽織の繰越 –

羽織の繰越 は、着物の繰越から割り出すのではなく、着姿から割り出すのことをお勧めしている。なぜなら、着物の繰越寸法に関係なく、どの程度衣紋を抜いて着ているのかが羽織に影響するからだ。
ここでは、繰越の小さい着物に、繰越の大きな羽織を着用すると、何が起こるのか画像と共にお伝えしたいと思う。

羽織の繰越

羽織の繰越 寸法

下の写真の寸法はこちら。
着物の繰越 : 3分、羽織の繰越 : 1寸2分

※一般的な繰越は、羽織の繰越=着物の繰越+2分。今回の着物と羽織の繰越は、標準以上の大きな差になっていることが分かるだろう。

羽織

着用画像

解説

①正面の着姿
衿がまっすぐに地面の方向へ落ち、綺麗な着姿に見える。
乳の位置がやや下がっている。

②横からの着姿
後身頃が上に跳ね上がっている。理想は、裾線が地面と並行になることを目指している。この原因は、着物の衣紋の抜き方と羽織の繰越があっていないためだ。また、背中心が身体から遠く離れているのが分かる。裾すぼまりのスッキリしたシルエットを目指すのであれば、背中心(後身頃全体を含める)を身体に近づけたい。解決方法は、着物の衣紋をもう少し大きく抜いた状態で着ることで解決できる。

③後からの着姿
両脇は身体に沿う型で布が落ち着いているが、背中心が身体から離れ、浮いているのが分かる。
羽織の身巾がボディに対して大きいため、より多くの布が余っているように見えている。

まとめ

着物の繰越寸法に関係なく、衣紋をあまり抜かずに着用した場合、繰越寸法の大きな羽織を着ると、今回のような現象が起こる。羽織の着姿に疑問を持った時、何かの参考になれば嬉しい。

冊子「羽織の印付け」

KOTAROオンラインショプでは、冊子「単羽織の印付け」を販売しています。

関連記事

\プロの方から選ばれています!/
着物寸法について学びたい方はこちら
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。