着物の衿についているスナップの代わりに、糸を付ける方法です。
今回は、広く留めることが出来る、M字形の引き糸の付け方をお伝えします。

スナップも良いですが、昔ながらの「引き糸」もなかなか良いんです。

引き糸の付け方

M字に留めることで、3か所で衿を押さえることができます。

右側から一気に糸を通していくので、長い糸が必要です。穴糸の場合、あまり絡まることは無いかと思いますが、ゆっくりと進めていきましょう。背中心と両肩あきのあたりに、糸が渡るようにすると良いと思います。

以下、写真で手順を追っていきます。

引き糸に使う糸

フジックス タイヤー 絹穴糸16号

糸が太いので、針穴の大きな物を使うのがオススメです。

関連記事

和裁教室

毎週金曜日に和裁教室を開催しています。
初心者の方・未経験の方・経験者の方
どんな方でも、好きなものから仕立てられる
カリキュラムのない和裁教室です。

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。