繰越寸法を小さくする最大の理由ー着物の寸法と着姿ー

繰越を少なくして、
衣紋を大目に抜く最大の特徴は、
「首横で、衿が寝る」事ではないでしょうか。

《関連記事》
着物寸法:繰越寸法が変わると着姿はどう変わるのか?!繰越寸法の比較

左:繰越0、右:繰越7分

この写真では、あまり差がない様に見えますが、
長襦袢の比較写真だと違いが分かります。

角度にすると、
繰越0の方が約159度、
繰越7分方は、約155度。

比較すると6度の差がありました。

左:繰越0、右:繰越7分

今回の比較は、
胸を覆う様な衿合わせにし、
どちらも、同じ位置を通るよう工夫しました。

衿合わせの好みが決まり、
衣紋をどのくらい抜きたいのかを決め、それに合わせて、
理想の繰越寸法を出すことが出来ます。

《関連記事》
着物寸法【基本】繰越の考え方

左:繰越0、右:繰越7分

着物の寸法について、
より詳しく学びたい方は、
寸法の基礎から、理想寸法の出し方、そして、
算出した寸法が本当に良かったのか確認までできる、
「着物の寸法講座」があります。