繰越を大きくすれば衣紋は抜けのか?!
衣紋が抜けないのは、繰越が大きすぎることが原因ではないのか?!
繰越1寸5分 にすれば衣紋は抜けるのか?!

この疑問を解消するため、 繰越1寸5分 の着物を仕立てることにしました。

結城紬 繰越1寸5分

結城紬について

2021年の目標のひとつ「地機の結城を着る」
昨年から用意していた反物を仕立てることにした。
無地の結城は高機が多い中、あえて地機を選んだ。
まずは単で仕立てるため、地入れは硬めになっている。

結城紬

繰越1寸5分 に決めた理由

繰越1寸5分 を最大とした。

基本の考え方を基にすると、標準の繰越寸法7分の場合、
衣紋を抜いて、着用時に衿付けは身体の肩から1寸4分後ろの位置にある。
この時の1寸4分を切りの良い数字にし、繰越1寸5分 に決めた。

繰越はどんなに大きくても仕立ては可能。
しかし、大きくする分、身丈も長く必要になる。
しかし現実的な着用とその後の仕立て替えを考えると1寸5分が最大となった。

繰越1寸5分
左側の糸印:肩山、右側の糸印:肩明き

繰越1寸5分 の予想

今まで通りの衣紋は抜けないだろう。
着物の肩山は、身体の肩山に乗り、どちらかというと男性的な着姿になるだろう。
衣紋を抜こうとすると、中途半端な抜き方では「衣紋が詰まってくる」という現象が起こる予定。
その他、繰越0と比較し、どんな違いが現れるのか期待。

結城紬
裁断の様子
結城紬
地の目に沿って裁断している様子

関連記事

着物寸法について学びたい方はこちら
\プロから選ばれます!/
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。