繰越 を大きくするとどんな着姿になるのか、そして、どんな着心地なのか。
私にとって普段の繰越寸法より3倍大きな繰越寸法で着物を仕立て、早速着用した。

繰越 1寸5分
結城紬
着物

衣紋を抜かないという着方

着物は衣紋を抜いて着るのが一般的であり、現代の主流である。
衣紋をどのくらい抜くのか、は年齢や好みにより人それぞれが各自で加減をしている。

今回、繰越を1寸5分というとても大きなサイズにしたことで
衣紋を抜かなくても、すでに衣紋を抜いた着姿になった。
ここまでは、着物好きの方なら予想が付くところである。

以前、着物の歴史の中でも
「衣紋を抜かずに着ていた時代」について学んだことがあった。
その時代の特徴は、肩巾が袖巾よりも広い事と衿合わせがシャープであることだった。

まさに今回、繰越1寸5分という大きなサイズの着物を仕立て、衣紋をほぼ抜かずに着用してみると、衿合わせはシャープにしかできない と言う事が分かった。

繰越 1寸5分
着物姿
結城紬
衣紋をほぼ抜かずに着用

衿合わせに制限がある。

衣紋を抜かずに着物を着ると、衿合わせに制限がでる。
つまり、鈍角な衿合わせが出来ないということが分かった。

衿合わせの角度は、仕立てた時点で決まり、寸法を出した時点で確定する。
衣紋を抜かない事で、いつもよりもシャープな衿合わせになることは必然だった。
鈍角な衿合わせをしようとするならば、仕立てるときの工夫が必要だ。

衣紋を抜かずに着物を着ていいた時代、衿合わせがシャープだったのは、そのようにしか着ることが出来なかったからだろう。

思いのほか、着心地は良い

繰越を大きくすると着心地が悪くなる、という固定概念があった。
きっと男性的な着姿になり、衣紋を抜かない事で袖付けあたりの布が嫌に溜まるだろう。なんて思っていたが、思いのほか、着心地が良かった。

  • 衣紋を抜かなくても、衣紋を抜いたときと同じような衿になっている。
  • 衿合わせはシャープになるが、これはこれで良しと思える。
  • 首横で衿が立つことも無かった。
  • 裄が異常に短くなることも無かった。

気になった点は一つ。
衣紋の抜けたところから見える首元の範囲が広い事。
斜め上から覗くと、私個人としてはもう少し隠したいと思う広がり方だった。

着用画像

関連生地

\プロから選ばれています!/
着物寸法について学びたい方はこちら
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。