自分で袖の丸みを作るとき、コンパスが必要ですが
コンパスが無くても作れるように、実寸大の丸みがプリントアウトできる
資料を作りました!

型紙のダウンロードはこちら

※実寸大でプリントアウトしてください。

お袖の丸み(厚紙)の作り方

用意するもの

  • 実寸大丸みの型紙
  • 厚紙(ちょっと厚手がお勧め:0.5mm以上)
  • ハサミ
  • 鉛筆

作り方

型紙を切る

丸みが命なので、綺麗に切ります。
型紙を切らずに厚紙にトレースできる場合は、切らなくてもオッケーです。

型紙をプリントアウトしました。
型紙を切ります。
厚紙にトレースする

厚紙に丸みを写します。
ここでも、丸みの丸さが命です。

厚紙に移します。
丸みの始まりと終わりに線が入っているので、それも一緒に写します。
厚紙を切る

トレースした丸みに沿って、厚紙を切ります。
丸み命なので、綺麗にカットし、丸みが歪んでいるときは、
爪やすりなどで整えます。

厚紙をハサミで切ります。
ヤスリで整えます。
完成!

丸みの大きさを書き込んで完成です!

完成!

今回使った厚紙

今回は、100均で購入したボール紙を使用しました。
紙袋の底板やお菓子の仕切り板など、厚紙を再利用するのも良いです。

その他の方法

①すでに持っている人の丸みを借りて、直接厚紙に丸みをトレースして、作る。
②型紙を厚紙に張り付けて、厚紙を切って、作る。

①の方法は、和裁教室ではメジャーな方法です。
先生の丸みを借りて、適当な厚紙に写し、和裁教室や自宅で切って作ります。
また、仕立ての仕事をしている人も、この方法で、自分で丸みを作っている人が多いです。

②型紙(今回紹介した資料)を厚紙に張り付けるのは、ノリなどの接着剤が着物に付く可能性があるので、あまりお勧めしません。

まとめ

お袖の丸みは、趣味で和裁をする人にとって

「どうしても必要な道具だけど、出番が少ない。」

「購入してもいいけど、たくさん使うものじゃないから
なんとかならないかな…」

と、思う道具のひとつ。

この型紙を使って、丸みを作ってもらえたら嬉しいです。

関連記事

【動画】丸みの絞り方(2寸1分丸み)

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。