着物の前巾と後巾は、どうやって決めているのか?!

以前、着物を仕立てるときには20個の寸法が必要である、
と、お伝えしました。

《関連記事》
着物を仕立てるときに必要な20の寸法

今回はその中でも特に、
「着物の前巾と後巾は、どうやって決めているのか?!」
に的を絞ってお伝えしていきます。

まず、前巾と後巾を決めるときに、
身体のどこの寸法を測っていますか?

「ヒップ寸法」とよく言いますが、
本当は、どこのとこでしょうか?

私の答えは、
一番出ているところです。

ヒップかもしれないし、太ももかもしれません。
お腹も考慮します。

着物は、一枚の布で、
お腹、お尻、太もも、
身体全体をうまく包んでいます。

洋服を購入するときのヒップ寸法よりも、
少し大きな寸法になるかもしれませんが、
様々は寸法を加味して測ると良いかもしれません。


ここからは、実際に、
前巾と後巾を、計算で出していきたいと思います。

具体例として、ヒップ95cmで考えていきます。

着物が身体を覆うとき、
「衽、前身頃、後身頃、後身頃」で一周します。

単純に、ヒップ寸法を4等分し、
後巾を出すことができます。

つまり、95cm÷4=23.75cm

この計算方法だと、
脇線が身体の真横にあることになります。

脇線は、
身体の真横よりも少し前側にある方が、
見栄えが良いと考えています。

そこで、後巾を算出する場合、
上の計算式に「+2cm」します。
この2cmは、腰骨の位置に相当します。

(95cm÷4)+2cm=25.75cm

この式のままだど、運動量が加味されていませんので、
さらに「+4cm」します。
運動量というのは、足ったり座ったりするときの変化量、
そして、同時に、長じゅばん等の下着の厚みも含んでいます。

つまり、(95cm÷4)+2cm+4cm=29.75㎝
尺に直すと、後巾7寸8分となります。


次に、前巾を割り出していきます。

今回、衽巾は4寸(15cm)とし、合褄巾は考慮しません。
「衽、前身頃、後身頃、後身頃」で一周しますので、

前巾=ヒップ95cm-(後巾29.75×2)-衽巾15cm
  =20.6cm


このままですと運動量が加味されていませんので、
後巾と同様に「+4㎝」をします。

つまり、20.6㎝+4㎝=24.6㎝
尺に直すと、前巾は6寸4分となります。

ここで確認しておきたいことは、
前巾と後巾の差です。

この差を、基本は1寸5分差にするのが良いでしょう。

– – – – – – – – – –

なぜ1寸5分差がなのか?

– – – – – – – – – –

ここからは、
着物の構造が理解できていると良いと思います。

「背縫い3分、肩明き2寸3分」
という、基本の寸法があります。

この時、
背縫い3分と、前巾と後巾の差1寸5分を足すと、
1寸8分になります。

この数字は、
前身頃の反物の耳から、
1寸8分の深さに衽が縫われる

ということになります。

この「1寸8分」という数字が、
ひとつのポイントになります。

着物の構造上、とてもバランスが良く、
仕立てるときも、合理的です。


前巾と後巾の差についてお伝えしたところで、
計算で割り出した、前巾6寸4分に戻ります。

後巾は7寸8分でした。

前巾との差を考慮すると、
後巾7寸8分-1寸5分=前巾6寸3分 となります。

計算で出した前巾と、
身巾の差から出した前巾、
2つの寸法を見比べます。

大差がなければ、私の場合、
1寸5分差の方を適用します。


ということで、
ヒップ寸法95㎝の場合、
前巾6寸3分、後巾7寸8分、衽巾4寸、が妥当だろう
と、計算から割り出しました。

計算からの身巾の割り出しができたら、
その寸法を参考に、次は、

実際の着物を着用し、
アナログな手法で寸法を割り出します。

計算から割り出した寸法と比較をし、
より理想の着姿に近い寸法を導き出すと良いかと思います。


寸法について、より詳しく学びたい方へ
「着物の寸法講座」を開催しています。


衿が安定する長じゅばんの寸法とは?!

着物の着姿で重要なのが、衿合わせです。
衿合わせの印象で、イメージが柄っと変わります。

好みの衿合わせのためには、
長じゅばんの寸法がとても大切です。

《関連記事》
長じゅばんの身巾と竪衿下がりの理想はどこにあるのか?

今回は、衿の着崩れをできる限り抑えられるよう、
えりが安定する長じゅばんの寸法について考えていきたいと思います。

それでは、本題に入っていきます。

まずは、前提条件です。

  • 胸回りの補正は、胸の谷間が無く、
    中央に一つの山を作るような補正とします。
  • 仕立てで、脇線ずらしは、考えないものとします。

これから考えていく寸法は、2つです。

  1. 前巾といくつにするのか?
  2. 竪衿下がりをいくつにするのか?

例として、今回は以下の着物寸法で考えていきます。

  • 前巾 6寸5分
  • 後巾 8寸
  • 衽下がり (肩)6寸
  • 肩明き 2寸3分
    ※(肩)6寸=肩山から6寸のこと。

この場合、長じゅばんの前巾の選択肢は、2択です。

Ⓐ6寸5分(着物と同寸)にする
Ⓑ7寸5分(着物前巾+1寸という基本の考え方)にする

ⒶとⒷの間の数字を取ることも可能ですが、
今回は最小と最大寸法のみについて考えます。

ⒶとⒷのどちらかを選択するのですが、
前巾と同時に「竪衿巾」と「竪衿下がり」が変化します。
その違いを見ていきましょう。

Ⓐの場合
竪衿巾は、3寸
竪衿下がりは、(肩)4寸程度が良い

Ⓑの場合
竪衿巾は、2寸
竪衿下がりは、(肩)6寸程度が良い


では、
なぜこの寸法が良いのか、
説明していきたいと思います。

肩明き:2寸3分、背縫い:3分

上の写真は、
実寸大で描いた、長じゅばんの衿付けラインです。

画像の一番下にある線が、
褄下の延長線になります。

小さく「身頃の耳」と書いている線が、
前身頃の竪衿付け側の耳です。

剣先から、褄下へ向かって斜めの線を書きました。

Ⓐの場合
長じゅばんの前巾は、着物と同寸の6寸5分でした。
この場合、前身頃の縫い代は、1寸8分になります。

この時の衿付けラインが、
上の写真の一番外側の線です。

次に、
Ⓑの場合
長じゅばんの前巾は、着物前巾+1寸の7寸5分でした。
この場合、前身頃の縫い代は、8分になります。

この時の衿付けラインが、
上の写真の一番下側の線です。

2つの円の間に、
黄色で塗った空間が生まれました。

この空間こそが、衿崩れの原因の一つと考えています。

つまり、
この空間は、衿の中に縫い込んであげることで、
仕立てによる衿の着崩れは軽減できるということです。

今回は、
「衿が安定する長じゅばんの寸法」について、考えてみました。

長じゅばんの寸法は、
仕立てる人によって様々です。

「この着物に合わせて」とお願いしても、
手持ちの長じゅばんと同じ寸法で仕立て上がってくるわけではありません。

ぜひ、着心地の良い長じゅばん寸法を見つけてください。


着物の寸法について、
より詳しく学びたい方は、
寸法の基礎から、
ご自身で算出した理想寸法の確認までできる、
「着物の寸法講座」があります。