衿が安定する長じゅばんの寸法とは?!

着物の着姿で重要なのが、衿合わせです。
衿合わせの印象で、イメージが柄っと変わります。

好みの衿合わせのためには、
長じゅばんの寸法がとても大切です。

《関連記事》
長じゅばんの身巾と竪衿下がりの理想はどこにあるのか?

今回は、衿の着崩れをできる限り抑えられるよう、
えりが安定する長じゅばんの寸法について考えていきたいと思います。

それでは、本題に入っていきます。

まずは、前提条件です。

  • 胸回りの補正は、胸の谷間が無く、
    中央に一つの山を作るような補正とします。
  • 仕立てで、脇線ずらしは、考えないものとします。

これから考えていく寸法は、2つです。

  1. 前巾といくつにするのか?
  2. 竪衿下がりをいくつにするのか?

例として、今回は以下の着物寸法で考えていきます。

  • 前巾 6寸5分
  • 後巾 8寸
  • 衽下がり (肩)6寸
  • 肩明き 2寸3分
    ※(肩)6寸=肩山から6寸のこと。

この場合、長じゅばんの前巾の選択肢は、2択です。

Ⓐ6寸5分(着物と同寸)にする
Ⓑ7寸5分(着物前巾+1寸という基本の考え方)にする

ⒶとⒷの間の数字を取ることも可能ですが、
今回は最小と最大寸法のみについて考えます。

ⒶとⒷのどちらかを選択するのですが、
前巾と同時に「竪衿巾」と「竪衿下がり」が変化します。
その違いを見ていきましょう。

Ⓐの場合
竪衿巾は、3寸
竪衿下がりは、(肩)4寸程度が良い

Ⓑの場合
竪衿巾は、2寸
竪衿下がりは、(肩)6寸程度が良い


では、
なぜこの寸法が良いのか、
説明していきたいと思います。

肩明き:2寸3分、背縫い:3分

上の写真は、
実寸大で描いた、長じゅばんの衿付けラインです。

画像の一番下にある線が、
褄下の延長線になります。

小さく「身頃の耳」と書いている線が、
前身頃の竪衿付け側の耳です。

剣先から、褄下へ向かって斜めの線を書きました。

Ⓐの場合
長じゅばんの前巾は、着物と同寸の6寸5分でした。
この場合、前身頃の縫い代は、1寸8分になります。

この時の衿付けラインが、
上の写真の一番外側の線です。

次に、
Ⓑの場合
長じゅばんの前巾は、着物前巾+1寸の7寸5分でした。
この場合、前身頃の縫い代は、8分になります。

この時の衿付けラインが、
上の写真の一番下側の線です。

2つの円の間に、
黄色で塗った空間が生まれました。

この空間こそが、衿崩れの原因の一つと考えています。

つまり、
この空間は、衿の中に縫い込んであげることで、
仕立てによる衿の着崩れは軽減できるということです。

今回は、
「衿が安定する長じゅばんの寸法」について、考えてみました。

長じゅばんの寸法は、
仕立てる人によって様々です。

「この着物に合わせて」とお願いしても、
手持ちの長じゅばんと同じ寸法で仕立て上がってくるわけではありません。

ぜひ、着心地の良い長じゅばん寸法を見つけてください。


着物の寸法について、
より詳しく学びたい方は、
寸法の基礎から、
ご自身で算出した理想寸法の確認までできる、
「着物の寸法講座」があります。


繰越0から分かる、着物の寸法 ー繰越の比較をしましたー

着物の寸法「繰越」は、どんな影響を与えているのか?
繰越0の着物から色々なことが分かりました。

さて、
以前、好みの衿合わせのためには、
長じゅばんの寸法が大切であるということを
お伝えしました。

《関連記事》
長じゅばんの身巾と衽下がりの理想はどこにあるのか?
衿が安定する長じゅばんの寸法

今回は、
「繰越0」の着物を仕立て、着用した感想とともに、
繰越7分の着物と、①衣紋の抜け方、②衿回りについて比較し、
お伝えしていきます。

左:繰越0、右:繰越7分

それでは、本題に入っていきます。
上の写真は、左:繰越0、右:繰越7分、です。

ボディーの肩山に、
長じゅばんの肩山を乗せた着姿です。

当然のことですが、
左側は、男性の着姿そのものに、
右側は、すでに少し衣紋が抜けているような印象です。

次に、
同じ位置まで衣紋を抜きました。
この衣紋を抜いた状態が通常の着姿です。
長じゅばんの肩山は、背中側へずれた状態になっています。

左:繰越0、右:繰越7分

左側(繰越0)の方は、
長じゅばんの肩山が大きく背中側へ移動しています。

右側(繰越7分)の方は、
少し背中側へ移動しています。

– – – – – – – – – –

ここで確認ですが、
繰越寸法の基本は、「どのくらい衣紋を抜くのか」を基準に決めます。

衣紋を抜いた着姿で、
身体の肩山と、衿の中心の延長との、
中間に長じゅばんの肩山があることが、基本です。

この基本の考えからすると、
右側(繰越7分)の方は、
もう少し「繰越寸法をへらしても良い」となります。

《関連記事》
【基本】着物寸法「繰越」の考え方

– – – – – – – – – –

左:繰越0、右:繰越7分

次に、後姿です。

左側(繰越0)の方は、
衿付け側で、肩明きの頂点が少し角ばって見えます。
背中の明き具合は、横に広く、楕円を描くような印象です。

右側(繰越7分)の方は、
衿付け側で、衿の中心から肩山へ向かって、円を描くようなカーブになっています。
背中の明き具合は、少し内側へ倒れこむような印象です。

左:繰越0、右:繰越7分

次に、それぞれの長じゅばんに着物を着せました。

着物もそれぞれ、繰越0と繰越7分です。

左:繰越0、右:繰越7分

後姿です。
印象がかなり違うと思います。

左側(繰越0)の方は、
衿付け側が、横長の弧を描いているので、
大きな衿に見えます。

右側(繰越7分)の方は、
衿付け側が、肩山の方へ向かってカーブを描いているので、
左側に比べると小さく見えます。

左:繰越0、右:繰越7分

最後に、正面の衿合わせです。
注目していただきたいところは、「剣先(けんさき)」の位置です。

左側は、繰越が無い分、
衣紋を抜くために、背中側へ布を移動させているので、
右側に比べ、剣先の位置が上がっています。

先日、この繰越0の着物を着用しました。
剣先の位置がグッと上がった状態で着た時、
着た瞬間にその違いが分かるほど、剣先から肩山までの衿が、
とてもきれいに身体に沿ってくれました。

下の画像が、
「繰越0」の着用画像です。

剣先の位置にも標準寸法があります。
現在の標準寸法は、肩山から6寸。

上の写真は、
どちらも肩山から6寸で仕立ててあります。

「肩山から」とあるのは、
繰越寸法に影響されないためでしょう。

長じゅばん・着物ともに繰越0を着用

今回は、
「繰越0から分かる、着物寸法」として、
衿回りの比較と、剣先の位置についてお伝えしました。

繰越0の剣先の位置を、繰越7分で換算すると、
肩山から5寸3分という寸法でした。

私の長じゅばんの剣先位置が、
肩山から4寸5分なので、着物で5寸3分となっても、
特に問題ないように思えますが、

繰越7分の着物で、剣先をグッと上げると、
同じように衿は綺麗になるのか、また検証してみたい課題です。

《参考画像》左:繰越0、右:繰越7分の正面画像です


「着姿と寸法の追究」では、
容易に予想のつくことでも、【体感する事】をモットーにしています。
引き続き、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

寸法についてより詳しく学びたい方へ
「着物の寸法講座」を開催しています。

開催日程、講座内容、料金は、
座学専用HPからご確認いただけます。

座学で学ぶ和裁HP
着物の寸法講座ご案内