内あげ とは、将来起こりうる「身丈直し」に備えて、余分に布を入れておく場所。
見八ツ口の下あたりに布がつまんであるんですが、この位置にも明確な決まりがあります。
今回は、なぜ内あげがこの位置にあるのか をお伝えします。

着物

内あげ とは

内あげ とは、将来起こりうる「身丈直し」に備えて、余分に布を入れておく場所。
だいたいの場所については、KOTARO所有ダウンロード資料「着物の名称」を参照ください。

内あげ の厳密な場所

定義は、帯に隠れる位置に内あげを付ける。

女性の場合、帯巾4寸の中に隠れていれば良し。
男性の場合、角帯の中に隠れていれば良し。

内あげの場所は、どこに帯を締めるのか が重要なポイントである。

具体的な位置

女性物の場合、肩山から1尺~1尺1寸あたりに内あげの縫い目が来る。(上あげの位置)

その計算方法を少し紹介する。
上あげ=袖付け+見八ツ口+1寸~1寸5分

前身頃と後身頃で内あげの位置を変える仕立て屋もいれば
前身頃と後身頃の内あげの位置を揃える仕立て屋もいる。

厳密な定義はあるが、女性物の場合、帯巾が4寸もあるため自由度が高い。

内あげ の縫い目は見えても良いのか

肩山から1尺の位置で内あげを付けた場合、身長165㎝の私だと、帯から少し縫い目が見える。(下の写真)
個人的には、どおってことない。
これから誂える場合には、見えないようにするのが良いが
既に仕立てあがっている着物の内あげが見えていても、さほど問題はないと考えている。

内あげ

関連記事

着物寸法について学びたい方はこちら
\プロから選ばれる講座/
着物寸法の基礎を学び、着姿から理想寸法を見つける!
着物の寸法講座@オンライン
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。