アイロンマットの作り方

私の作業台は、テーブルの高さほどあり、
着物を仕立てる時も、反物にアイロンをかける時も、
印つけをする時も、裁断をする時も、この1台で済ませています。

もともとは、和裁学校の備品だった物を、
学校の規模縮小に伴い、売り出していたので、即購入しました。
その裁ち台の上に、自作のアイロンマットを乗せています。
今回は、この裁ち台の上に乗せているアイロンマットの作り方をお伝えしていきます。

材料

  • 木の板 (今回は80×210cm)
  • アイロンマット
  • タッカー

アイロンマットは、絶対に継がないことがポイントです。
継ぐとアイロンをかけたときに、アタリが出ます。

布は、綿の安価な物で十分です。
ツルツルした質感の方が、個人的に好みです。

↑タッカーはこれです。
私が持っている物は、少し威力が弱いですが、要は足ります。
アイロンマットの大きさにもよりますが、余分にタッカーの針を用意しておくと良いと思います。
思いの外、使いますので。

アイロンマットを板に留める

木の板を覆うようにして、アイロンマットをタッカーで留め付けていきます。
ポイントは、言うまでもありませんが、たるみが出ないよう、ある程度細かめの間隔で留めます。
角の余分な部分は切り落とし、スッキリとさせましょう。

板を包むようにして、裏側で留めました。
側面で留めるのも良いと思いますが、大きさ的にこの方が作業し易いです。

表に返すと、こんな感じで、仕上がります。
4年使っていますので、作業場所のみかなり汚れています。

布張りをする

アイロンマットを張り終えたら、その上に布を張っていきます。

布は、水通しなど、一度洗うと良いと思います。
布を板に留めていく前に、畳ジワが残っているのは、あまりよろしくありません。
スチームアイロンで伸ばしていきます。

この状態にしてから、上手に裏返します。

タッカーで留めていきます。
コツは、布をピンと張らせることです。使い心地の良いアイロンマットができます。

こんな感じで留まっています。
手前に少し厚みがあるのが、アイロンマットです。
布で覆いきりました。

全体をタッカーで留め、表に返せば完成です。

全体像

こんな感じで完成です。
私の場合は、布は白色と決めていますが、クリーニング屋さんのバキュームなどは、
くすんだ緑色だったりします。
ぜひ皆さんもお好きな色で作ってみてください♪

余談

土台となっている裁ち台はです。
和裁学校では、裁断・印付けするときのみ使っていました。

今はこんな風に、椅子に座って縫っています。