KOTARO

テーマは「仕立てと着姿」の追究

どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか。

寸法は1つではなく、ある程度の選択肢がある。
仕立てもまた、和裁技能士の立場から見ると、選択肢がいくつかある。
着姿もまた、人それぞれ好みがあり、
上手く着られる着物とそうでない着物が存在する。

上手く着られる着物と、そうでない着物の違いは何か?

寸法の出し方、仕立て方、着方、
それぞれにどんな違いがあるのか。

全ての工程を一人の現役和裁技能士が行い、
自分自身の身体で検証していくブログが本ページに投稿してある。

「仕立てと着姿」を追究し、
着物の構造も分かる○○を目指す方を応援するのが、
KOTARO KIMONO ACADEMYである。

各種講座のご案内は、こちからご確認いただけます。

仕立てと着姿の追究

シルエットの美しい羽織とは?ー衿についてー

「美しい羽織のシルエット」とは、どのようなシルエットを想像しますか? どのような着姿が美しいと感じますか?羽織を羽織った後の着姿に期待することは何ですか? 私は、次の3つの条件を満たしている物を、「美しい」と定義していま …

着物の理想寸法とは、そもそも、どんな寸法を指しているのか?

「基本の寸法講座」では、基本の寸法を知り ⇒ 理想寸法を導き出すという方法で、理想寸法をお伝えしています。 すでに理想寸法を知っている方へは、理想寸法 ⇒ なぜその寸法になっているのかを解説 ⇒ 衿周り等について深く解説 …

着物の前巾と後巾は、どうやって決めているのか?!

以前、着物を仕立てるときには20個の寸法が必要である、と、お伝えしました。 《関連記事》 着物を仕立てるときに必要な20の寸法 今回はその中でも特に、「着物の前巾と後巾は、どうやって決めているのか?!」に的を絞ってお伝え …