着物の裾が開く とは、例えば、こんな着姿になる着物のこと。
なぜこの現象が起こるのか、探ってみました。

着物の裾が開く

着物の裾が開く とは

○で囲ったところが開いている部分。
この部分がAラインスカートの様に広がっているので「開く」と表現していることが多い。

着姿としては、この部分は広がらず、足の方へくっついていて欲しいと思うのだが
着物によっては言うことを聞いてくれない物がある。

力の伝わり方を考える

着物を着る時、衿先を持って、少し持ち上げる動作をする。
その時、左脇の裾まで力が伝わっているのか、が問題だと考えている。

衿先を持ち上げたほんの少しの力が
対角となり一番遠い部分まで力が伝わればこの現象は起こらない。

どうすればその力を遠くまで伝えることが出来るのか。
ここを解決するのが仕立てである。

力を伝える仕立て方

①合褄巾を付けた仕立てをする
②抱巾を付けた仕立てをする
③合褄巾と抱巾の両方を付けた仕立てをする
④褄下丈を短くする
⑤スマート仕立てをする

この5つがまずは大切だと考えた。
①~⑤の内、1つだけ工夫すれば裾の開きが改善するかもしれないし
3つ4つ工夫しないと改善しない場合もあるだろう。

力の伝わり方の違いを知る

前項「④褄下丈を短くする」の検証は、仕立て屋でなくてもできる。

何でも手持ちの着物を着用し、衿先を軽くひっばってみる。
一番遠い左脇の裾が動けば、力は伝わっている。
動かなければ、力は伝わっていない。

例えば、赤茶色の緞子の着物は全く動くかない。
合褄巾​もついてるし褄下丈も長く無いのに動かない。
きっと生地自体が重たいのだろう。

逆に写真2枚目、くすみピンクの紬はともてよく力が伝わる。

着物の裾が開く
赤茶色の緞子
着物の裾が開かない着物
くすみピンクの紬

関連記事

着物寸法について学びたい方はこちら
\プロから選ばれる講座/
着物寸法の基礎を学び、着姿から理想寸法を見つける!
着物の寸法講座@オンライン
オンライン講座は、毎月開催!

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。