和裁に必要な基本の縫い方はたった3つ!
今回は「 本ぐけ 」の練習方法をご紹介します。
和裁ライフが楽しくなりますように!

本ぐけ とは

運針布の下側を内側に織り込みます。
すると、布が4枚重なった状態になります。
本ぐけ」とは、この内側2枚を縫う技術です。

浴衣や単着物を仕立てる時、衿納めで使う縫い方です。

本ぐけ 練習用布の準備

運針・くけの練習で使用した布を使います。
布については、こちらを参照ください。

練習方法

内側2枚をまず2、3針すくいます。

親指と人差し指で針先を持ち、中指の指ぬきに針の頭が当たるように針を持ちます。
要領は運針(本縫い)と同じです。

下の写真のように、針が進んでいきます。針先が内側の布2枚をすくっているのが分かるでしょうか。

縫うときは、写真のような目線で縫っていきます。針の持ち方は、この写真を参考にしてください。中指で針の頭を押して、針を進めましょう。

見えにくいですが、内側から針先が出ています。「本ぐけ」を内側で終わりにする場合は、この位置から針を抜いて、玉留めをします。

縫い終わると下の写真のようになります。

内側の縫い代を開いてみると、粗い運針のようになっています。

表、裏どちらからも縫い目は見えません。

①運針・②くけ・③本ぐけ、
和裁は、この3つの縫い方しか使いません。

縫い方さえ分かれば、和裁の本を購入して、ご自身で浴衣や着物を仕立てることも可能です!
ぜひ挑戦してみてください。

動画はこちら

動画をインスタにアップしました>>> 本ぐけの動画

関連記事

この記事を書いた人

KOTARO

現役和裁技能士が「仕立てと着姿」をテーマに、どんな寸法で、どんな仕立てをすると、どんな着姿になるのか、自分自身の身体で検証しています。