着物の理想寸法とは、そもそも、どんな寸法を指しているのか?


「基本の寸法講座」では、
基本の寸法を知り ⇒ 理想寸法を導き出す
という方法で、理想寸法をお伝えしています。

すでに理想寸法を知っている方へは、
理想寸法 ⇒ なぜその寸法になっているのかを解説
⇒ 衿周り等について深く解説するオプション話付き

しかし!!
そもそもです。

______________

「理想寸法」とは、
どんな寸法を指すのでしょうか?
______________


《関連記事》
着物寸法【基本】繰越の考え方
【ご案内】着物の理想寸法を自分で見つけられる!着物の寸法講座



言い換えると、「理想寸法」とは、
人それぞれ欲しいと思っている寸法が違うのではないでしょうか。

基本の着姿になる寸法が、理想寸法の人。
舞妓さんのように、衿を詰めて、
衣紋をたくさん抜いている着姿になる寸法が、理想寸法の人。
衣紋はあまり抜かず、衿もシャープな着こなしになる寸法が、理想寸法の人。

例えば、
同じ身長、同じヒップサイズ、同じ年齢層の2人が居たとします。

着物の好みも違えば、好みの着こなしも違うでしょう。

体型は同じでも、好みの違う2人に、
同じ寸法を理想寸法として伝えしても良いのか?

と、なります。


ということは、結局のところ、
「どんな着姿になりたいのか?」
という事が、理想寸法を出す上での最大のポイントになるのです。

そして、このブログのテーマである、「着姿と寸法」は、
理想寸法を出す上で、お役に立てると思います。

《関連記事》
着物寸法:繰越寸法が変わると着姿はどう変わるのか?!繰越寸法の比較
繰越0から分かる、着物の寸法 ー繰越の比較をしましたー
長襦袢の仕立て方:衿付けラインで決まる衿合わせ。



寸法について、
より詳しく学びたい方へ
「着物の寸法講座」を開催しています。