着物寸法【基本】繰越の考え方

着付けで「衣紋を抜く」とありますが、
衣紋は、着付けと仕立ての両方で抜きます。
その仕立ての部分を担っているのが「繰越」となります。

《関連記事》
着物寸法、繰越を減らす最大の理由
着物寸法、「繰越」を0と7分で比較してみました。

今回は、
繰越7分の長襦袢で、解説したいと思います。
※繰越寸法の標準は、7分、もしくは、8分です。

↑適度に衣紋を抜いて、着物用ボディーに着せました。

ボディーの肩山に黒色のテープが貼ってあるのが透けて見えると思います。
また、長じゅばんの肩山は、布の折り目が見えます。

下の画像で、それぞれのラインを説明します。

黄色い線:ボディーの肩山
青色の線:長襦袢の肩山
赤色の線:衿の中心の延長線

私の場合、繰越寸法の基本は、
次のように定義しています。

「身体の肩山と、衿付けの延長との中間に、長じゅばんの肩山が来ること。」
つまり、
「黄色の線と、赤色の線の中間に、青色の線がある。ということです。

上の写真の場合、
長襦袢の肩山が、やや身体の肩山よりにあるので、
「もう少し繰越寸法を減らしても良い」かもしれないという見解です。

「まぁこのくらいならいいだろう」とこのままでも良し。
「もっと肩山を後ろへ持って行きたいから繰越を減らす」も良し。
「衣紋は繰越のみで抜きたいから繰越を増やす」も良し。

好みの衿の形が、どの繰越だと実現するのか。
ぜひ探ってみてください。