繰越0から分かる、着物の寸法 ー繰越の比較をしましたー

着物の寸法「繰越」は、どんな影響を与えているのか?
繰越0の着物から色々なことが分かりました。

さて、
以前、好みの衿合わせのためには、
長じゅばんの寸法が大切であるということを
お伝えしました。

《関連記事》
長じゅばんの身巾と衽下がりの理想はどこにあるのか?
衿が安定する長じゅばんの寸法

今回は、
「繰越0」の着物を仕立て、着用した感想とともに、
繰越7分の着物と、①衣紋の抜け方、②衿回りについて比較し、
お伝えしていきます。

左:繰越0、右:繰越7分

それでは、本題に入っていきます。
上の写真は、左:繰越0、右:繰越7分、です。

ボディーの肩山に、
長じゅばんの肩山を乗せた着姿です。

当然のことですが、
左側は、男性の着姿そのものに、
右側は、すでに少し衣紋が抜けているような印象です。

次に、
同じ位置まで衣紋を抜きました。
この衣紋を抜いた状態が通常の着姿です。
長じゅばんの肩山は、背中側へずれた状態になっています。

左:繰越0、右:繰越7分

左側(繰越0)の方は、
長じゅばんの肩山が大きく背中側へ移動しています。

右側(繰越7分)の方は、
少し背中側へ移動しています。

– – – – – – – – – –

ここで確認ですが、
繰越寸法の基本は、「どのくらい衣紋を抜くのか」を基準に決めます。

衣紋を抜いた着姿で、
身体の肩山と、衿の中心の延長との、
中間に長じゅばんの肩山があることが、基本です。

この基本の考えからすると、
右側(繰越7分)の方は、
もう少し「繰越寸法をへらしても良い」となります。

《関連記事》
【基本】着物寸法「繰越」の考え方

– – – – – – – – – –

左:繰越0、右:繰越7分

次に、後姿です。

左側(繰越0)の方は、
衿付け側で、肩明きの頂点が少し角ばって見えます。
背中の明き具合は、横に広く、楕円を描くような印象です。

右側(繰越7分)の方は、
衿付け側で、衿の中心から肩山へ向かって、円を描くようなカーブになっています。
背中の明き具合は、少し内側へ倒れこむような印象です。

左:繰越0、右:繰越7分

次に、それぞれの長じゅばんに着物を着せました。

着物もそれぞれ、繰越0と繰越7分です。

左:繰越0、右:繰越7分

後姿です。
印象がかなり違うと思います。

左側(繰越0)の方は、
衿付け側が、横長の弧を描いているので、
大きな衿に見えます。

右側(繰越7分)の方は、
衿付け側が、肩山の方へ向かってカーブを描いているので、
左側に比べると小さく見えます。

左:繰越0、右:繰越7分

最後に、正面の衿合わせです。
注目していただきたいところは、「剣先(けんさき)」の位置です。

左側は、繰越が無い分、
衣紋を抜くために、背中側へ布を移動させているので、
右側に比べ、剣先の位置が上がっています。

先日、この繰越0の着物を着用しました。
剣先の位置がグッと上がった状態で着た時、
着た瞬間にその違いが分かるほど、剣先から肩山までの衿が、
とてもきれいに身体に沿ってくれました。

下の画像が、
「繰越0」の着用画像です。

剣先の位置にも標準寸法があります。
現在の標準寸法は、肩山から6寸。

上の写真は、
どちらも肩山から6寸で仕立ててあります。

「肩山から」とあるのは、
繰越寸法に影響されないためでしょう。

長じゅばん・着物ともに繰越0を着用

今回は、
「繰越0から分かる、着物寸法」として、
衿回りの比較と、剣先の位置についてお伝えしました。

繰越0の剣先の位置を、繰越7分で換算すると、
肩山から5寸3分という寸法でした。

私の長じゅばんの剣先位置が、
肩山から4寸5分なので、着物で5寸3分となっても、
特に問題ないように思えますが、

繰越7分の着物で、剣先をグッと上げると、
同じように衿は綺麗になるのか、また検証してみたい課題です。

《参考画像》左:繰越0、右:繰越7分の正面画像です


「着姿と寸法の追究」では、
容易に予想のつくことでも、【体感する事】をモットーにしています。
引き続き、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

寸法についてより詳しく学びたい方へ
「着物の寸法講座」を開催しています。

開催日程、講座内容、料金は、
座学専用HPからご確認いただけます。

座学で学ぶ和裁HP
着物の寸法講座ご案内